価格で選んでませんか?外壁塗装の塗料を選ぶ基準は用途に合わせて

豪邸

塗料の性質と持ち年数

赤い屋根の家を持つ男性の手

外壁塗装において外壁の材料を選ぶのも一つの課題ですが、実際に塗ってみないとその持ちがわかりにくいので今回は簡単に今主流の塗料の持ちを比較していきます。外壁塗装について、今主流とされている塗料はシリコンという種類の塗料で、以前に主流だったアクリルは次の塗り替えが必要になるまで5年くらい、今でもよく使われるウレタンという種類は7年くらい、それに対してシリコンは10年くらい持つとされています。更にそれより上があって、費用はだいぶ高くなってしまうのですが、フッ素という材料は15年以上持つと言われていて、長い目でみると安く済むと考える人もいます。その他にも機能性のある外壁塗装の塗料もあり、遮熱塗料と光触媒というのもあります。
遮熱塗料はその塗料を塗ると家の中を冬は温かく、夏は涼しくなる塗料です。夏は外からの熱を遮断して体感温度にして3~5度涼しくなり、冬場は部屋の中の熱を外に出さないので温かくなります。光触媒という材料は、それを塗ることにより、それ以降に外壁に着いた汚れや排気ガスを雨水で洗い流すことを自然にしてくれる塗料です。しかし、この機能性塗料は両方とも割高なので選ぶときは予算の計画をしっかりと立てましょう。共に持ち年数は共に8年くらいです。ちなみに遮熱塗料は今主流となりかけている塗料です。それぞれの塗料の特徴や性質を知るのも塗り替えには大事な知識です。

recommended article